注文住宅は業者選びが大切!ハウスメーカーと工務店の特徴や選び方を知ろう!

ハウスメーカーの特徴とメリットとは?

ハウスメーカーは全国的に展開していることが特徴で、施工エリアも全国を対象にしています。依頼主の希望に沿った設計もできますが、多くは数種類の中から選択していくことが多いです。ある程度の設計や仕様が決まっているため、自由度は低くなってしまいます。ハウスメーカーに依頼するメリットは、価格を抑えられることです。工場で資材や部品を生産しているため、品質も均一とされています。また、点検や保証も細かく決まっていることがメリットです。

工務店の特徴とメリットとは?

工務店の多くは地元密着型にしていて、設計士が設計したものを大工が施工します。対応地域が限られていることもあり、遠方の場合は依頼できない可能性が高いです。工務店に依頼するメリットは、設計に柔軟性があることでしょう。依頼者の希望に合わせた間取りや内装・外装を実現できます。また、職人が一つずつ作るため、資材や設備も希望のものを取り入れられるのです。点検や保証は工務店ごとに異なりますが、基本的には数年に1回の点検をしてくれます。

自分に合う業者を見つけるポイントとは?

注文住宅を建てる際、自分に合う業者を見つけるためには、あらかじめ希望を明確にしておくことが大切です。例えば、設計や内装にこだわりたい場合は、工務店で希望通りに作ってもらうといいでしょう。予算を抑えたい場合や設計に関する話し合いの手間を少なくしたい時には、ある程度の設計や仕様が決まっているハウスメーカーにするのも手段です。また、見積もりや見学をした時に信頼できるかの見極めもしましょう。分かりやすい説明や丁寧な打ち合わせをしてくれることも重要です。

東京の注文住宅は、人々の憧れの的であると言えるかもしれません。なぜなら、現実的には妥協案として神奈川県など近隣に家を建てる人が多く、都内に注文住宅を建てることは大変費用がかかるからです。