収納に気を配り使い勝手の良いマイホームを手に入れよう!

収納で失敗しないコツとは?

夢のマイホームを注文住宅で実現するのは誰もがワクワクしますよね。せっかく思い通りの家を手に入れるのですから、いつまでも美しく使いやすい家造りを目指したいものです。しかし、一端人が住めば年月と共に徐々に荷物が増えていくものです。スッキリと美しい暮らしを維持するためには、やはり使いやすい収納スペースが必要になるでしょう。

まずは現在住んでいる家にどのくらいの荷物があるのかをしっかりと把握しておきましょう。さらに今後増える予定のものについてもある程度考えておくと良いですね。その上で使用頻度の少ないものと日常的に使用するもの、キッチンやリビングなど必要な場所にあるべきものを把握しておきます。使用頻度の少ないものに関しては屋根裏収納や床下収納などを利用しても良いですね。逆に普段使うものであれば家族の動線を考えて、取り出しやすくしまいやすい場所を考えておきます。

意外な盲点「納戸」に注意!

よくありがちなことに「納戸を作ってとりあえずそこに入れておく」という収納方法がありますが、意外に失敗の原因にもなるので注意しましょう。納戸を家族の誰もが自由に収納できる空間にしてしまうと、荷物を区別なく積み重ねたり、奥へと詰め込んでしまいがちです。結果的に奥に何があるのか全くわからない状態にもなりかねません。荷物を取り出すのに一々順番にどけていくのはかなりの労力になるでしょう。奥行きのある納戸という空間よりも壁面積のある空間に棚を取り付けるというような収納の方が、断然見やすく使いやすい収納になるといえますね。

動線を考えた収納を準備しよう

「いつも使う場所に必要なものを収納する」ということが使いやすい収納スペースの基本になります。たとえばキッチンにパントリーを作ってキッチン用品や食品を見やすい形で収納するのもおすすめです。また、玄関の隣にアウトドア用品や日頃履かない靴などを置いておくスペースを作るのも良いでしょう。家族でキャンプやマリンスポーツなどを楽しむ家庭にはとても便利ですね。

使う際の動線をよく考慮した収納を作っておけば日頃の家事の手間も省けますし、家族一人一人が片付けにかかる時間も短縮できます。収納場所は広ければ良いというわけてはなく収納するものにふさわしい広さを用意しておくべきでしょう。子供が小さいうちは、おもちゃや学習用具などはリビングに専用コーナーを作ってあげても良いですね。ちょっとした間仕切りで目隠しするだけで十分な収納スペースになります。子供の成長などを考えると固定された収納空間を作り過ぎないことも大切になるでしょう。

京都は町並みを保護する目的で、景観保護条例に従って家を建てる必要がある地域があります。そのため、京都の注文住宅を建てる際も、条例を遵守する必要があります。