注文住宅を建築するならば庭と駐車場を意識しよう

駐車場の広さをどれぐらいにするか

注文住宅を建築する場合、車を所有している人ならば駐車場を確保することが重要になります。今まで賃貸住宅に住んでいた人は、駐車場代を支払っていたはずですので駐車場を設けることでその分の支払いがなくなると言えるでしょう。この時、どれぐらいのスペースにするかが問題になります。もし、これから将来自動車を2台にする場合には2台分の広さを確保しておくべきです。ですが、場所の関係上2台分の自動車を確保できない土地もあります。このような時は、建物の面積を削って駐車場を2台分確保するよりも、1台分は駐車場を借りた方が良いこともあります。駐車場を借りる予定の場合には、毎月の支払いがどれぐらいになるかをよく調べておくべきです。

庭にも様々な種類がある

庭を作る場合には、どのような種類の庭にするかが重要になります。アメリカのように、天然芝を一面に敷き詰めることで綺麗な庭を演出することは可能です。この時注意したいのは、管理する時間を確保できるかです。天然芝の場合、5月から9月にかけて急激に成長しますので2週間も放置してしまうと庭の見た目が悪くなってしまう可能性があります。もし、普段から忙しくて庭の管理が難しいと判断した場合は、人工芝などを敷き詰めても良いでしょう。庭に草木を植えたい場合には、花壇を確保することが必要です。花壇の場所は、可能な限り日当たりの良い場所が良いです。少なくとも、晴れた日の日照時間が4時間ないしは5時間ぐらい続く場所を選びましょう。

愛知の注文住宅を建てるときは、興味のあるハウスメーカーや工務店の資料カタログを一括で請求できるインターネットサイトを利用すると便利です。