庭や駐車場はどう設計する?失敗のないマイホームづくり

庭はそもそもあった方が良い?

注文住宅を考えるにあたり、庭の有無に迷う人もいるでしょう。不要であればその分、間取りを広げられたり、別の用途に充てたりすることも可能ですので、必ずしもあった方が良いわけでもありません。しかし庭があると、家庭菜園や子供の遊び場、バーベキューなどの楽しみ方も生まれますので、希望する用途が明確にあるのならば導入をした方が、後々に良かったと思えるかもしれません。

目的に合った庭設計を心掛けよう

庭を持つ場合、問題はどの程度の広さに設計するかです。これは目的を踏まえて考えてみることが大切で、どのような用途のために作ろうとしているのか、考えを整理してみましょう。無駄に広げ過ぎても使いこなせないようでは意味がなく、単に広ければ良いわけでもありません。また、設定する位置によっては外部からの視線が気になったり、防犯上のデメリットになったりすることもあるため、作った後の影響も踏まえながら設計することが推奨されます。

駐車場の広さを考える

車が必須という人からすれば、駐車場はなくてはならない設備ですよね。ただ、広さに迷ってしまいがちで、どの程度のスペースを与えるべきか判断に困ることもあるでしょう。失敗のない設計にするには、将来のことも考えて決断することが大切です。仮に現時点では一台分で良くても、のちに家族が増えた時に、駐車台数を増やしたくても簡単にはいきません。また、来客用として広さがあった方が便利だったり、もしかしたら車椅子での乗り降りをしなければいけなくなったりすることもあるでしょう。移り変わる生活スタイルを考慮した設計を心掛けないと、今後大きな不便に繋がり得ることを理解しておく必要があります。

横浜の注文住宅は東京からも近く、横浜自体も都会的なことから住みやすいです。さらに海などの自然も豊かなことから、別荘としても人気があります。