理想の「注文住宅」を建てる際の注意点とは

注文住宅は建売住宅とはどう違うのか

一生で一番高い買い物といわれるのが「マイホーム」です。高いだけあって失敗は決して許されません。後で後悔のないように住宅を選びたいものです。建売住宅のメリットは、すでに完成している家を購入できるということです。さらに注文住宅よりもコストも低く抑えられるというメリットもあります。逆にデメリットは、自分で間取り等を選ぶことが出来ないということです。自分で理想の間取りの家を建てたいのであれば、注文住宅のほうを選んだほうがよいでしょう。ただし注文住宅は、コストが掛かるという点も考えておかなくてはなりません。さらに自分で間取りを決める分、失敗した間取りにしてしまうと、今後何十年先まで後悔することになります。間取りはリフォームで変えることもできますが、工事をすることによって、大きなコストが掛かることを覚悟しなければなりません。

建てる土地の形状も注意

注文住宅はこのように自分で間取りから壁紙、外壁等を選ぶことが可能です。しかし土地の形状によっては好みの間取りが出来ない場合も考えられます。例えば正方形や長方形の整形地であれば問題ないのですが、狭小地であったり三角形の形をした土地であった場合には、間取りにも制限が出る場合があります。もしも注文住宅を土地から購入して建てる場合には、できるだけ整形地を購入することが理想です。そして将来その家を売ることになった場合にも、整形地であったほうが買い手が付きやすいというメリットもあります。注文住宅を建てる際には、このように様々な点を注意して建設するようにしましょう。

大阪の注文住宅は、都心部では他の地域とは異なり、狭小三階建てで、隣の家との距離も近くなる場合がほとんどです。