契約前に再確認しておこう!駅近物件の隠れたデメリット

駅近ゆえに生じてしまいがちなデメリット

新たな生活基盤となる部屋探しに際しては、ほとんどの方がより駅に近い、より利便性に優れた物件を希望されることでしょう。そうした駅近物件のデメリットは、家賃の割高感以外にあまり語られていないようですが、いざ実際に暮らし始めるとなると、居住者ゆえに実感する、もしくは想定されるデメリットがいくつか見られます。

まずは駅を利用する見知らぬ利用客が、無断で駐輪スペースを使用する、違法駐輪のリスクがあげられます。管理人が常駐する分譲マンションとは違い、入居者がこの行為を取り締まるのは実質困難です。さらに立地条件次第では、近道として共用部内を往来されてしまう、持ち込まれたゴミを不法投棄されるなど、駅近ゆえに懸念される生活環境への悪影響も、現実問題として生じている物件が少なくありません。

窓の外から聞こえ続ける騒音問題

駅の規模や駅前の繁華街や商店街の有無によって異なりますが、駅周辺は比較的遅い時間まで賑やかな傾向が否めません。終電近くになっても窓の外からの大声が途絶えない、さらには電車が走る音が気になるなど、就寝時間のタイミングで騒音が気になる可能性が想定されます。とりわけ早起きの生活サイクルの方にとっては、駅近イコール通勤通学に便利と捉えがちですが、在宅時間中の周囲の環境を見極める作業も大切です。

こうした駅近ゾーンから徒歩数分離れるだけで、家賃を抑えて静かな生活環境が確保できる場合、どちらを選択するのか、総合的に慎重に判断しましょう。賃貸物件情報においては、利便性に優れたメリットがクローズアップされる傾向が見られますが、これはあくまでひとつの視点から見た長所であり、安易に飛びつく判断はおすすめできません。

千歳の賃貸物件は、札幌の賃貸物件と同等の家賃相場を維持しており、人気の高い地域です。また、周辺は高速道路や空港などの交通網が整備されており、遠方からのアクセスに優れています。